女子力アップの自分になるために

脳科学の世界では、確かに、年齢を重ねて行くうちに、脳の向上効果は大きくはないにしても、幾つになっても、脳トレを心ががければわずかずつでも脳は発達するという事でした。

そんな中、女子力ということばもよく耳にするようになり、この女子力という意味を考える時に、一つは知識や本人の努力による内面部分。
もう一つは、美貌やオシャレ度のアップ。
それらが相まっての社会進出が大きくこの女子力ということばを作り上げていったように思います。

確かに、社会進出は仕事から離れていた主婦が復帰できるチャンスであり、この時に発揮できるのが、各自、女性特有の細やかな動きや考えであり、職場という場所に自分を置く事で、自然と、他人の目線も気にかかり、そのうちに、気付かぬうちに自分自身が以前よりも数段、素敵な女性に変身して、仕事もやり手の女子力アップそのものの女性になっている人も少なく無いと思います。

これからの女性に期待する事は、だから女性はダメなんだよと思われないような、感情に走る事をせずに、幾つになっても、自分をアップさせる知識欲と、ある意味、他人の考えもつかない、いい意味での、変な思考が出来る女性であり、それが真の女子力アップという意味だと思うのです。